• トップ /
  • 建設に必要な資格を用意しよう

建設業独立に必要な不動産の知識

建設に必要な資格を用意しよう

建設で独立するための準備

建設で独立を考えるときには、それを行うための資格が必要になります。近年の不動産業界は、消費者に対する不動産に関連する説明責任が問われることが多いので、建設業に対してそれを実行できるだけの資格が要求されます。例えば、建築物を販売する際には、その建築物に関する詳細な説明を行うことができる人材を確保しなくてはいけません。具体的には、宅建業の資格を有した人材を確保して、建築物に関連する説明を行うことができることを証明する必要があります。建設で独立を行うとはいっても、その事業に携わるのはほぼ例外なく不動産に関連する事業になります。その際に、当該の建築物や土地に関する重要事項に関する説明を行うことができないのならば、そもそもそれらの取引を行うことはできません。特に、近年は単純な建設だけを目的として独立開業するのではなく、リフォームという観点から開業をする人も増えています。実は、法律的な枠組みでは建築物を建築することとリフォームをすることは全く異なるものであると判断されています。この判断基準の一つが、サービスを提供している業者が建設業としての資格をきちんと有しているかどうかなので、独立するためには必ず必要な資格を保持しましょう。

建設の有益情報

↑PAGE TOP

Menu